note

2023-06-30 12:34:00

旅路〜funeral songs〜

 

1997年 タイタニックという映画が公開され

 
豪華客船 タイタニック号 沈没の時「自分達の役割りは最期まで演奏することだ」とバンドが演奏し続けるシーンに
大変心を打たれました

 

 ♪ この時 彼らが奏でていた讃美歌「主よ御許に近づかん(Nearer, My God, to Thee)」

 

時は流れ、今年はこの世を旅立たれる時を音楽でお見送りするご縁を幾つかいただきました

 

その時に生まれた一つの記録がこの「旅路」になります

 

あの時見た映画のワンシーンを、ふと思い出しながら

 

安らかに休んでいただきたいとの願いを込めて演奏しました

 

日本の懐かしい名曲と共に楽しんでいただけましたら幸いです

My project-1-5.png

 

 

 

2023-06-30 10:14:00

6月の庭と手仕事

IMG_2423.jpeg

6月は紫陽花がとても眩しくて

 

 

 IMG_2429.jpeg IMG_2401.jpeg

好きな紫陽花に出会えたら、たっぷり飾れる様に

挿し芽で増やしていきます

 

    

雨がよく似合う『スモークツリー』

IMG_2339.jpeg IMG_2430.jpeg 

 

 

 

 

『桃』には 袋がけ

IMG_2369.jpeg 

 

 

『フェイジョア』の ふわふわと甘い花びらを食べられる 楽しみなひと時☺︎

IMG_2400.jpeg IMG_2371.jpeg

 

 

 

『梅仕事』

今年は 梅酒 と梅味噌 を仕込みました

IMG_2357.jpeg  

 

 *梅酒は味醂バージョンで。 三河みりんにアルコール度数高いお酒を少し添加して、砂糖無しで漬け込みました

 

 *梅味噌は青梅、米味噌、砂糖を同量づつ保存瓶に重ねていきます

  瓶を毎日ゆすって2週間ほど常温で発酵させた後、梅を取り出し種を外してミキサーで潰し、瓶に戻す

  冷蔵庫に入れて仕込みから一月程で完成。野菜のディップや、納豆に混ぜたり...楽しみが広がります

  

 

梅雨は体調が崩れやすい季節です。皆様くれぐれもご自愛下さいます様に🌿 

 

あ、梅の雨って書くんですね....。

2023-05-31 14:16:00

5月の庭と手仕事

IMG_2228.jpeg

今年の『山ぼうし』はとても贅沢

 

 

花が少しだけの年、たくさんの年。

 

 

 

 

 

 

   

IMG_2196.jpeg

庭いっぱいに広がるレースフラワーを飾ってみました  

 

 

 

*手仕事1 

 

IMG_2202.jpeg IMG_2237.jpeg

 

 ヘビいちごを収穫

『ヘビいちご』と『ヨモギ』のチンキは玄米焼酎で仕込みます

 

虫刺されや皮膚炎にとても役立ちます

 ♪ご興味ある方はこちらを参考になさってみて下さい☺︎ 

 

 

 

 

 *手仕事2

どくだみのお茶をたっぷり作り置き

IMG_2239.jpeg

注)どくだみは効能もたくさんですが、体を冷やすそうなので、『ヨモギ』や『はと麦』などをブレンドしたら良いそうです

 

 

 

 

 *手仕事3

常備している”寝かせ玄米” 

今回は『茶豆』と『ひえ』を一緒に炊いてみたら、とても美味しくて幸せでした☺︎

 

 

IMG_2211.jpeg

  

 ♪ご興味ある方はこちらがレシピになります

 

2023-05-25 16:59:00

Jazz Live

ボーカリスト、坂井レイラ知美さんのCD発売記念ツアーに参加させていただきました。

*member*

左から 私、Trumpet 高瀬龍一さん、Vocal 坂井レイラ知美さん、Guitar 平岡遊一郎さん

IMG_4803 2.JPG

とても充実した素敵な時間でした。

 

 

お会いできました皆さま、どうもありがとうございました。 

2023-05-01 08:54:00

春の宵へ 〜dedicate to T.Noda〜

 

  2019年春   庭に咲く藤の美しさに誘われて、つくり始めた曲があります

  

 IMG_1915.jpeg

 

故 野田暉行先生に、この曲を聴いていただいた時のこと

  

  『春なのに、暗い感じではじまるの?』と尋ねられ

 

  『春の宵の、ほの暗い感じを表現したいのです』とお答えすると

 

  『では、こんなコードはどうかな....』と、大変神秘的な美しい響きを聴かせて下さいました

 

素晴らしい経験でした。

 

 

先生が奏でられた音の重なりに心を馳せ

 

夏目漱石の『草枕』に描かれるような ”山深い香り”を求めながら

 

 

曲を仕上げていきたいと思います

  

 

IMG_3767.jpeg

 

 

2024年発売のアルバムに収録予定